女性が身につけるべき4つの徳

女性が身につけるべき四徳を現代風にアレンジ

貝原益軒(かいばら・えきけん)という江戸時代(1630年~1714年)の儒学者が、
「和俗童子訓」(わぞくどうしくん)という著書に、
四徳(女性が身につけるべき4つの徳)の教えを説いています。

現代風にアレンジするとこんな感じです。
(あまりにも今の時代に合っていないことは省きました。原文は一番下にあります)

*******************************

一に婦徳、二に婦言、三に婦容、四に婦功です!
女性は、この四つを磨きましょう!

婦徳とは、心立てが良いという意味です。
心を正しくして、潔く、穏やかでいることを婦徳と言います。

婦言とは、良い言葉を使いましょうという意味です。
嘘はついてはいけません。
言葉は選び、悪口を言ってはいけません。
言うべきことは言いますが、本当に必要かどうか考えて言葉を発しましょう。
不用なことを言うと嫌われます。

婦容とは、身だしなみのことです。
派手に飾り立てなくても、女性らしく、品よくし、
立ち居振る舞いも美しく、潔く、清潔にしておくことが婦容です。

婦功とは、女性の仕事です。
ただただ、目の前の仕事に真剣に取り組むことが大切で、
遊んでばかりいてはいけません。
飲食に執着せずに、家族や周りの人を大切にすることが婦功です。

この四つが、女性の役目です。
それをしないなんて、ありえない!心を込めて努めましょう。
怠ったり、自分勝手にして、為すべきことをせずに、
何の役にも立たない人になってはいけません。

*******************************

・・・みたいな感じです。

どれも、当たり前のことですね。

 

「倭族童子訓」四徳の教え部分の原文

【和俗童子訓より抜粋】

一に婦徳、二に婦言、三に婦容、四に婦功。此四は女のつとめ行なふべきわざ也。

婦徳とは、心だて善きを云。心貞(ただ)しく、いさぎよく、和順なるを徳とす。

婦言とは、言葉の善きを云。いつはれる事をいはず。言葉を選びていひ、にげ(似気)なき悪言をいたさず。いふべき時いひて、不用なる事をいはず。人其いふ事をきらはざる也。

婦容とは、かたちの善きを云。あながちに、かざりをもはら(専)にせざれども、女は、かたち(容)なよよかにて、おおし(雄々)からず、よそほひのあてはかに、身もちきれいに、いさぎよく、衣服もあかづきけがれなき、是婦容なり。

婦功とは、女のつとむべきわざなり。ぬひ物をし、う(紡)み・つむ(績)ぎをし、衣服をととのへて、もはら(専)つとむべきわざを事とし、戯れ遊び・わらふ事をこのまず。食物、飲物をいさぎよくして、舅・夫・賓客にすすむる、是皆婦功なり。

此四は女人の職分也。つとめずんばあるべからず。心を用ひてつとめなば、たれもなるべきわざ也。おこたりすさみて、其職分をむなしくすべからず。

 


人気のブログ記事



1.仕事も恋も思いのまま!