ご褒美の人生、、、それが、仕事も恋も選ばれる女

女性が身につけておくべき4つの徳

「女徳」は 「女性に備っている徳性。
また、女性として身につけておくべき徳。」という意味です。

儒教には、女性が身につけるべき徳として、
「四徳=婦徳・婦言・婦功・婦容」という教えがあります。
とても簡単にすると、次のような言葉に置き換えられます。

婦徳(ふとく)・・・正しい心を持つ
婦言(ふげん)・・・美しい言葉を使う
婦功(ふこう)・・・目の前の仕事に心を込める
婦容(ふよう)・・・TPOに合った身だしなみをする

この4つを総称して「女徳」です。
この4つを磨いていくことが「女徳を高める」こと。
一生磨いていくことかもしれませんね!

この4つが磨かれれば磨かれるほど、
仕事も恋も選ばれるのは当然のこと。

この4つが未熟であればあるほど、
男性、結婚、家庭、仕事、お金、人間関係、
色々なことに問題が起きます。
穏やかな気持ちで心から人のために何かをしようという
気持ちになんてなれません。

 

自分と向き合って、問題を解決していくごとに、女徳は磨かれる

私たちは、中でも、婦徳=正しい心が大切だと考え、
時間をかけて丁寧に向き合っていきます。

自分に起きている問題の答えは自分の中にあると捉え、
そこをしっかり向き合って問題を解決するほどに、
心は磨かれていきます。
それが、女徳を高めるということです。

女徳を高めいていくと外側のことに振り回されなくなります。
SNSの投稿にザワザワしたり、彼の動向が気になったり・・・
そういうことに振り回されませんか?

我慢や犠牲からはどんどん解放され、
あなたの時間も能力も本当に使うべきところだけに使えるようになります。
人を喜ばせることや、社会の役に立つことだけに集中できます。
これがどれほど愛と情熱と喜びに満ちているか!

いつも平安で穏やかだけれど、
色々なことにワクワクして、喜びにあふれているのが、
仕事も恋も選ばれる女の日常です。

きれいごとではないし、
外側に見せているだけのパフォーマンスでもありません。

仕事だけではダメ。仕事も恋も!が大切。

仕事も恋も選ばれる女・・・
自分を生かして役立てるため、自分を信じ、逃げずに、
根底から自分を変えた人だけが味わえるご褒美の世界。

ご褒美の世界への入り口は女徳勉強会!
ぜひいらしてください〜♬

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 【逆境の乗り越え方】辛い過去の蓄積ではなく、意味のある過去を蓄積してい…

  2. 原体験とビジョンは別である

  3. 自分にも夢や志を実現する力が必ず備わっている。素敵なあの人と同じように…

  4. カルマキッチンで恩送りを体験

  5. ◆4つの女徳タイプ”自分を貫きたい武闘派の義”…

  6. 夢の実現は覚悟と覚悟を支える信念。仕事も恋も一緒。

  7. 【専業主婦の起業物語vol.1】「好きなこと・自由な時間・経済力」そし…

  8. 丁寧に暮らすことが自分を作る

過去記事を読む

最近の記事