仕事も恋も選ばれる女の恋のお作法

選ばれる女の恋のお作法

先日のコンサルで八つ当たりについて議論したので、許可をいただいて記事にします。「そんな視点があるなんて・・・!頭の中、くるみが割れたみたいにパカーンとなってます!」とのことでした!(笑)

答えは100人いれば100通りですが、選ばれる女が選ばれる理由がこの記事に詰まっているように思います。選ばれる女は我慢や犠牲はしません。もちろん、相手にも我慢や犠牲をさせません。その上で、この上なく愛し、この上なく愛されるのが、選ばれる女の恋のお作法です。

 

八つ当たりって悪いこと?

まず、山田彩乃は八つ当たりされても全然嫌じゃないし、「何か理由があるのだろうから、良い方向に導いてあげよう。そのために相手にとってまずは何が必要かな。」と考えながら、八つ当たりを引き受けて、むしろ良い方向にいくよう、腕まくりしてサポートします。

八つ当たりは、相手が幸せになるための通過点として捉えているからです。

 

選ばれる女の八つ当たり

山田彩乃も、彼には八つ当たりします。最初の頃は彼が嫌がるので(当然ですよね)、「前に進むために八つ当たりが必要なんです!!協力してください!!」とお願いしていました。・・・目を見開いてびっくりしてましたよ。こんなこと言う女は初めてだって(笑)

今では「あ〜、彩乃ちゃんの八つ当たり始まった!」と言ってくれるので、それで私の気持ちも和んで、八つ当たりもすぐに終わることが多いです。

彼の八つ当たりなんて、もっとめんどくさいですよ。ですが、ちゃんと受け止めて、あまりにもひどい時はお説教します。「何よりも、愛しているかどうかと、時間を共に過ごしたいかどうかでしょう?」って。

 

「なんでわかってくれないの?」は選ばれない女のパターン

「なんでわかってくれないの!!!!!」といきなり責めるのは、選ばれない女のパターンです。相手をしたい気持ちにさせていないから、あなたが望んだとおりのことをしてくれないだけです。

つまり、してくれない相手が悪いのではなくて、したくなるように持っていけないあなたが悪いのですよ。だって、それをしてほしいのは自分でしょう?それを相手にさせようとしているわけでしょう?

この話をすると、「今まで何回も言ってます!!」とよく返ってきます。・・・本当に??本当に、あなたがしてほしいことを、相手に伝わるように話して、ちゃんとお願いしていますか?してくれない相手を責めたり、するのが当然という態度や言葉で伝えていませんか?

これでは、あなたのために力になりたいと思ってしてくれません。頑なに言うことを聞いてくれないか、嫌々するか、どちらかです。

 

選ばれない女の依存と、選ばれる女の自己責任

愛しているならわかってほしいなんて無理です。それなら、自分から真っ先に愛している相手の気持ちを理解して、自分が言動を変えていきましょう。どちらが先にするかというだけの話し。自分が先に折れれば、問題はすぐに終わって、この上なく愛されて、彼はあなたがしてほしいことを喜んでしてくれますよ。

愛していても、人の気持ちなんて簡単にはわかりません。わかるはずがないと決めておいた方がずっとうまくいきます。わかるはずがないと思っていれば、わかってもらえるようにちゃんと伝えるでしょう。

「なんでしてくれないの!!」と責めるのは、冷静に考えれば筋違いということがわかりますよね。これが依存です。何事も、相手がしたくなるように、相手の気持ちを動かせていない自分に責任があると考えて、自分の言動を改善するのが自己責任です。

 

仕事も恋も一緒

これ、仕事も恋も一緒。してくれない相手を責めるのではなくて、どうすれば相手がしたくなるのかを考えた方がずっと生産的。

自分がどんなに手を尽くし、心を尽くしても、それでも相手がやらないときは関係性を考えた方が良い。お互いが本当に必要かどうかを。仕事も恋も一緒。

 

選ばれる女の恋のお作法

選ばれる女は我慢や犠牲はしません。もちろん、相手にも我慢や犠牲をさせません。その上で、この上なく愛し、この上なく愛されるのが、選ばれる女の恋のお作法です。

以上、「そんな視点があるなんて・・・!頭の中、くるみが割れたみたいにパカーンとなってます!」のお話でした!(笑)

女徳を高めていけば、八つ当たりされたって振り回されません♬

大人女学校、女徳勉強会で女徳を知ろう!ぜひご覧ください〜♬

 


人気のブログ記事



1.仕事も恋も選ばれる