女徳塾の塾生がすっごく売れてるワケ

タイトルと全然関係ないですが、
これは彼が作ってくれたサンラータン麺。

私は料理があまり好きではありません。
だから、あまりしません。

これは、彼が作ってくれた天ぷら。
揚げたてを食べるのは本当に美味しい!

私はどんなことでも、
やるからには納得するまで突き詰めたいのですが、
料理にはそこまで情熱を傾ける自信がありません。
だって、奥が深そうだもの!!
やるとなったらキッチンの改装から始めるかもしれないです(笑)

さて、今日は「女徳塾塾生がすっごく売れているワケ」です。

 

売り上げだけを目標にすると・・・

起業して、まず売り上げを目標にするのは当然だと思います。

でも、売り上げ「だけ」を目標にして追い求めると、
大抵、陥るコースは以下の通り。

1、質の悪い顧客ばかりになる

安く買おうとする。
キャンペーンの時しか来ない。
お試し巡りをしていて商品を買う気がない。
言い訳(人のせい)ばかりで自分を変えようとしない。

2、クレームが増える、もしくは、自分が全然満足度を感じない

顧客を選ばずに売っている。
顧客フォローができていない。
自分が偉いと勘違いしてしまう。

3、商品が売れなくなる

はい。売れなくなります。

すると、メニューを変えたり、値下げをしたり、
外側のせいにし、外側を変えることが次の一手だと勘違いしますが、
自分を変えない限り、売り上げは回復しません。

質の悪い顧客ばかりになるのは、自分が下心満載で売るからです。
クレームが増えるのは、前述した理由で質の悪い顧客ばかりになっているか、
しっかりお客様のことを考えていないからです。

個人事業主の場合、商品が売れないのは、
ほとんどがメニューや値段の問題がメインではありません。

 

女徳塾生、売れてます。

女徳塾の塾生は、集客テクニックなんて使いませんし、
ブログもみなさんあまり更新していませんし、
WEBサイトもないですし、あっても未完ですし・・・(笑)

でも、すっごく売れてます。
しかも、みなさん、本当に質の良いお客様ばかりに囲まれています。
しかも、かなりのリピーター率です。

なぜ、そんな理想的な、嘘のような本当の話が起きるのかというと・・・
みなさん、時間をかけて、自分と向き合って、諦めずに逃げずに、
損得なしに、下心なしに、お客様のことだけを考えられる自分を育てながら、
コツコツ種まきしているからです。

その蒔いた種が実って「数字は後から付いてくる」を体現しているにすぎません。
みなさんの、顧客を大切に思う気持ち、顧客に向き合う姿、自分を生かして輝いている姿、
それらを、おそらく一番身近で、表も裏も一番見せていただいていると思いますが、
いつも、とてつもない感動をいただいています。本当に素晴らしいんです。

そりゃーーーー売れるワケだ!と思います。
後から入塾する方も、一歩先を行く方の姿を見て励みにし、
コツコツと種まきをしています。

 

顧客を大切に思う気持ち

「顧客を大切に思う気持ち」

言葉にすると簡単ですが、実際に普段から当たり前にするのは、
よほど心を磨かないと、自分でも気づかないところで下心や損得勘定で
動こうとしてしまうのが人間です。

何を隠そう、誰よりも下心と損得勘定だけで生きてきた私です。
だからこそ、それでは幸せになれないことを身を以て知っているし、
だからこそ、心を磨いて、目の前の方に心を尽くすせるようになることが、
喜びや、幸せや、満足感や、そういった何にも変え難いもので満たされながら、
「数字は後から付いてくる」状態になれることも身を以て知っています。

この状態をもっともっとたくさんの方に知ってほしいなぁと思います。
自分を正しい場所で、正しく生かすことが、どれほど大切か、
知ってほしいなぁと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


人気のブログ記事



1.仕事も恋も選ばれる