【集客シリーズ 】うまくいかない集客・うまくいく集客

うまくいかない集客は?

どんな仕事でも、お客様がいないことには仕事になりません。

うまくいかない集客は大きく分けて2通りあります。

1.数重視
2.質重視

数重視というのは、売り上げと利益の数にこだわること。

質重視というのは、お客様と商品の質にこだわること。

集客がうまくいかないのは、どちらかに偏っている時です。

 

数重視

数だけを大義名分にすれば、商品やお客様の質が下がります。

しかも、自分では気づかないうちにそれはビジネスを蝕むので、

お客様の質が悪いためにトラブルがあったり、

(本当は売る側に100%問題があるのですけれど)

キャッチコピーやキャンペーンなどを駆使して売り上げがあったのに、

どんどん売れなくなっていってとうとう数字が戻らなくなったり、

そうやって自分の過ちを認めざるを得ない状態になって、

ようやく気付くことが多いです。

この痛い経験を通して、

ビジネスは数を上げることだけを言うのではなく、

お客様に喜んでいただくことありきなのだという

本質に気付くパターンが多いです。

(気づかなければ無理やり這い上がっても繰り返すだけ)

 

質重視

そして、質重視。

商品にこだわりすぎたり、お客様を選びすぎたりして、

なかなか売れない・・・

という状態に陥ってしまうのが質重視です。

一見、素晴らしい大義名分のように聞こえますが、

お客様のことを考えているようで、

実は自分に矢印を向けてこだわっているだけか、

自信がなくて売ることを恐れているだけです。

こちらもなかなか気づけませんね。

このパターンは、稼ぐことに罪悪感を持っていることも多いです。

 

うまくいく集客

では、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、

数も質も、比べるようなことではなく、どちらも同じくらい大切なので、

どちらに対する考えも深め、経営者本人が常にブラッシュアップしておくことです。

利益なくしてビジネスは成り立ちません。

しかし、

お客様の悩みを解決することで喜んでいただき、

お客様を大切にすることで満足していただき、

「やっぱりあなたの商品が一番ね」と言っていただけるようにならなくては、

利益は生まれません。

どちらもループ状につながっていて切り離せません。

メビウスの輪です。

これは当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、

この当たり前のことをしっかりと落とし込んでいるかどうかが大切です。

知っているだけでは何の役にも立ちません。

しっかりとご自身のビジネスに落とし込み、

ご自身の言葉で語れるところまで深める。

そこまでが基本です。

基本ができていなければ、つまずくのは当たり前だし、

自己流になったものを後から修正するのは大変。

まずは、基本をしっかり固め、土台をしっかり固めるところから。

その選択と行動が、数年後、数十年後の未来を大きく変えます。

 

ブラッシュアップを忘れない

基本ができたら、日々ブラッシュアップしましょう。

心も、社会も、移ろいやすいもの。

初心を忘れ、謙虚さが失われた瞬間から、成長は止まります。

常に常に、心と向き合い、

あなたの純粋な心を失わないよう、

あなたが本当にしたいことを忘れないよう、

あなたのビジネスが本質から擦れていかないよう、

常にブラッシュアップし続けましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


人気のブログ記事



1.仕事も恋も選ばれる