陽に転ずる時【彩乃塾は女性の起業を徹底サポート・仕事も恋も選ばれる女になる】

待って、許して、認めて、与える

山田彩乃は未来の姿しか見ていません。

つまり、可能性だけを見ているということです。

 

だから、

壁が立ちはだかっても、

自分で乗り超えるまでいくらでも待てます。

失礼なことをしても、いくらでも許せます。

今がどんな状態でも、

素晴らしい存在なのだと常に認めているし、

持っているものを出し惜しみせずに与えられます。

相手の可能性と本当の姿だけを見ていると、

自然とそういった行動になります。

それが、私たち女性が生まれ持った母性です。

 

母性を育む

彩乃塾では、母性を育みます。

それはつまり、

矢印を相手に向けることを心から喜びだと思える

人間性を育てるということです。

矢印が自分に向いているうちは、

自分に対しても、相手に対しても、

全てに犠牲や我慢が伴います。

それほど苦しいものはありません。

母性に犠牲はないし、我慢もありません。

自分を大きく見せる必要もなく、

正しさを主張する必要もなく、

かっこいい言葉を使う必要もなく、

相手の幸せのために、ただただ心を尽くせる。

差し出すことも、待つことも、

全てが心から喜びだと思えるのが母性です。

 

心からの幸せ

山田彩乃は、

仕事はお金を得るためのツールとしか思っていなかったし、

自分をきれいに見せて、高価なものを身につけて・・・

満たされている自分を見せていないと、

人は価値を感じてくれないと思っていました。

なんて浅はかな・・・・

と今では思いますが、

当時はそうすることに価値があると思っていました。

人が真に価値を感じるのは、

外側のものではありません。

本当にほしいものは、心からの幸せです。

何をしている時も、誰といる時も、

純粋な気持ちで、いつも幸せを感じられたら、

他に何が必要ですか?

それは、母性を育むことで誰でも得られるものです。

 

起業家、経営者こそ身につけるべきもの

これからの時代は、

起業家、経営者こそ、母性を育まなくてはなりません。

欲望で自分を奮い立たせる時代も、

外側で人に価値を感じてもらう時代も、

もうとっくに終わりました。

一人一人が幸せを感じ、それを循環させるためには、

母性を磨いた女性が必要です。

日本も、世界も、陰極まっています。

陽に転ずる時です。

そのためには、私たち女性の力が必要です。

あなたが持って生まれたもの、

今、生かさずに、いつ生かすのでしょうか。

可能性は無限です。

ご自身を磨きにいらしてください。

共に歩みましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



人気のブログ記事



1.仕事も恋も選ばれる