最初に会った瞬間から、相手の中に見ていること

ゆるぎない強さやしたたかさは、何をするにも必要です。いちいち他人の言動に振り回されていては、本当にすべきことに労力を注げないから。仕事も恋も。

強さやしたたかさは、我を通すのとは違います。自分を貫ける人は賢くて優しいです。

賢さと優しさはいくらでも磨けます。これまで生きてきた中で身につけてしまった、無駄なものを削ぎ落としていくことが大切。正しい考え方や捉え方と入れ換えるんです。すると、いくらでも磨くことができます。

わたしは初めて会った瞬間から、その方の本当の姿だけを見ています。無駄なものを削ぎ落とした、賢くて優しくて美しい本来の姿が、わたしには見えています。

その姿を実現した塾生が少しずつ増えてきて、一緒に成長していけることや、心でつながれることが、何よりも嬉しくて楽しくてたまらないです。

実現してくれてありがとうー!
幸せになってくれてありがとうー!

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. めんたいアボガドたまりません!

  2. ◆必要なものは「手に入れたいものがある!!」という思いだけ◆女徳指南書…

  3. ◆4つの女徳タイプ”自分を貫きたい武闘派の義”…

  4. 箱根1Day Trip!箱根神社〜Bakery&Table〜岡田美術館…

  5. ◆そして、志や夢が現実になる!◆298号

  6. 自分が幸せになるための目標ではなく、天命を生きよう

  7. ◆私、わかっちゃったんです・・・◆女徳指南書287号

  8. 自分を慈しむ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事を読む

最近の記事