自分を大切にしない子どもたち【彩乃塾は女性の起業を徹底サポート・仕事も恋も選ばれる女になる】

※2010年6月に書いた記事を再掲載しています。

自分を大切にする

社会に貢献しなさい
相手の立場に立って考えなさい
自分を大切にしなさい

この3つは意味がわかりませんでした。

中でも「自分を大切にしなさい」は山田彩乃自身、子どもの頃からよく聞いた言葉でした。

でも、いくら言われても、意味がわからなかったです。ひねくれてるとか意地で言ってるとかではなく、どうすれば自分を大切にできるのかさっぱりわかりませんでした。

自分を大切にしなくちゃいけない理由もわからなかったし。何のために??と思っていました。

これは、多くの子供たちが感じていることでもあるように思います。

言われる子ども
答えられない大人

子どもたちは、この矛盾の中で生きています。

母親が一番最初の教師

自分を大切にしない子どもがいない世の中にするのは簡単です。

お母さんたちが自分を大切にして、素敵な女性になることです。

輝くことです。

 

 

 

 

 

 

子どもたちは母親を見て育っています。自分を大切にし、毎日を楽しく生きる母親を見て育つ子は、自分もそのように生きれば良いのだと、そのままを学習します。

反対に、自分らしく生きていない母親を見て育つ子は、そのままを学習し、自分らしく生きないという道を選んでしまいます。

一番最初の教師である母親から学ぶことが、そのまま子どもの人生に大きく反映します。

自分を大切にする人を増やし、

世の中のサイクルを良くするためには、

お母さんたちが美しく輝くことです。

追記

お母さんが変わると、子どもは何もしなくても変わっていきます。お母さんと子どもは一心同体。お母さんの鏡なのです。約5年前に書いた記事ですが、思いは何も変わっていません。それどころか、ますます強くなっています。

女性が変われば、日本は必ず良い国になる。男性も、子どもも、女性次第で良くも悪くもなるのですから。私たち女性次第。私たち次第で、家族はもちろん、関わる人たちを良い方向に導くことができるのです。私たちが変わること。私たち女性にかかってるのですから!!

 

 

===========================
  オフィス彩乃(株)よりお知らせ
===========================

【彩乃塾ファーストセッション・大阪・東京】
(仕事も恋も選ばれたい女性起業家、これから起業する女性)

自分にしか出来ないことでやりがいと誇りを持って仕事をし、しっかり利益を上げ、女性としての幸せも何一つ犠牲にしないのが仕事も恋も選ばれる女です。ファーストセッションは、選ばれる女になるためのファーストステップです。
http://office-ayano.co.jp/ayanojuku/

【女徳塾・オンライン講座】
(仕事も恋も選ばれたい女性ならどなたでも!)

選ばれる女を日本女性のスタンダードモデルにするため活動している山田彩乃が、仕事も恋も選ばれる女のフィロソフィーをお伝えしております。以下のリンクよりご登録くださいませ。
http://office-ayano.co.jp/jotoku/

【女徳塾・特別講座ーproduce by 彩乃塾ー】 
(仕事も恋も選ばれたい女性ならどなたでも!)

女徳塾は女性としての生き方を学ぶ塾です。仕事も恋も選ばれたい女性なら、どなたでも気軽にご参加いただけます。過去の開催の様子や、最新の情報は、以下のリンクよりご覧いただけます。
http://office-ayano.co.jp/event/

【YouTube山田彩乃 公式チャンネル】

動画・女性の起業を徹底サポート彩乃塾プロデュース
女徳塾【ダイジェスト】
http://www.youtube.com/watch?v=G0OprZRMbWg

動画・女性の起業を徹底サポート彩乃塾プロデュース
女徳塾【オンナは答えを持たなきゃダメ!】
http: //www.youtube.com/watch?v=YE9H-7v4B2w 

動画・女性の起業を徹底サポート彩乃塾プロデュース
女徳塾【志】
http://www.youtube.com/watch?v=0GgFi2eapdY

関連記事

  1. カウントダウンはシャングリラホテルで!

  2. あなたの心が満たされるために

  3. 女性起業家のためのキャッチコピーの作り方

  4. ◆過去最高でした!!!!◆女徳指南書291号

  5. 誰にも媚びない。いつだって本音で生きる。

  6. 大阪で仕事も恋も選ばれるためのセッション

  7. 天才はたゆまない努力の先にある

  8. ◆女徳勉強会のPVができました!◆女徳指南書263号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!